このページはグリーンパパプロジェクトが皆さまにお伝えしたいことを記事にしています。

トライアル合宿’18夏を振り返る

  NPO法人グリーンパパプロジェクトで定期的に実施しているトライアル合宿!6月に11回目の合宿を実施しました!   今回の参加者は、大人10名、子ども10名の計20名。子どもは、下は2歳から上は中1 […]

コメントなし

新しい働き方を模索する若者たち

「バルコニートーク」で語り合う若者たち(筆者撮影) 就職の売り手市場が続いている。リクルートキャリア就職みらい研究所の調査によると、この10月の内定辞退率は64.6%と前年同期よりも3.8ポイント上回ったという。正規雇用 […]

コメントなし

みなかみ町が目指す「これからの生き方・働き方」~ユネスコエコパークをきっかけにして

谷川岳の一ノ倉沢の絶景(筆者が2017年9月に撮影) 首都圏や関西圏などの大都市部では、毎日1時間以上満員電車に揺られながら通勤している多くの人たちがいる。特に首都圏は顕著で、1日当たりの通勤・通学時間が多い都道府県を見 […]

コメントなし

シングルファーザーを生きる~子ども食堂を立ち上げた想い~

父子家庭支援から子ども食堂を始めた思いを語ってくれた渡邊修一さん 【シリーズ】シングルファーザーを生きる 第2回 子ども食堂を立ち上げた想い  シングルファーザーを生きる――。男イコール仕事とみられがちな環境の中で、世の […]

コメントなし

赤ちゃんの「日常化」がこの社会にもたらすものとは

赤ちゃんを外に連れ出すのは「ベイビーハラスメント」になるのか(写真:アフロ) 先日「ベイビーハラスメント」という言葉がネット上で話題となった。 きっかけはおそらく下記のブログだ。 「生後数ヶ月の赤ちゃんを連れ回す親たちに […]

コメントなし

女性閣僚はたった2人。この数字はある意味正しいが、絶望的・・・

女性が少なすぎるが現状では致し方なし(写真:ロイター/アフロ) 女性閣僚2人は現時点では相応とみるべきか 第3次安倍第3次改造内閣が発足した。全体的な評価についてここでは特に論評はしないが、女性閣僚が2人という現状に日本 […]

コメントなし

父子で知る、親子で知る~答志島わかめ就労体験記~

父子で学んだわかめの就労体験。都会にいたら知らないことを子どもと学ぶことができた すでに8月。夏休みが始まって10日以上が過ぎた。子どもがどう過ごすのかを悩んでいる親も多いことだろう。日常では体験できない機会を長期の休み […]

コメントなし

100人中3人しか取得しない男性育休の現状

いまや小5になった我が娘。子育ては一瞬。だからこそ噛みしめる時間が必要だ。 2016年度の男性の育児休業取得率が5月30日に厚生労働省より公表された。3.16%と初めて3%台になったものの、メディアの扱いはどこもその事実 […]

コメントなし

受動喫煙対策は働き方改革の一環でもある

消費者は選択できるが、労働者にとっては「選択」の問題ではない。(ペイレスイメージズ/アフロ) 厚生労働省が進めようとする受動喫煙対策が自民党のネガティブな対応によってなかなか進まない。飲食店については原則禁煙という形で受 […]

コメントなし

子育てに積極的な父親は一般の父親と比べて何が違うのか

GW中にどれくらい父子の時間を確保できるだろうか。(ペイレスイメージズ/アフロ) 今年のゴールデンウイーク(GW)も後半を迎えた。今年は最大9連休中という方もいるだろう。家族でどこかに出かける父親たちも多いとは思うが、夫 […]

コメントなし

映画『恋妻家宮本』が伝えたかった【パパが料理をする「わけ」とは】

「恋妻家宮本」完成披露舞台あいさつのとき模様(2017.12.14)(写真:MANTAN/アフロ) 恋妻家【こいさいか】 妻への思いに気が付いた夫のこと。 言葉にすると新しいけど、 世界中の夫のなかに必ず眠っている気持ち […]

コメントなし

「単なる育休延長」で男性の育休は置き去りに~パパクオータ制導入は当分見送りに~

「子どもを育てるのは母親だけではない」制度を作らなければ少子化も解消しない。(ペイレスイメージズ/アフロ) 導入が見送られたパパクオータ制 筆者は11月5日に「いまこそ男性の育児休業の取得に本腰を入れるときだ」 http […]

コメントなし

ひとり親だからこそ考える「いい夫婦の日」

夫婦は、自立した個人同士が前提であるべき(写真:アフロ) 今日は、11月22日。「いい夫婦の日」だ。 「いい夫婦の日」サイトを見ると、「『ふたりの時間』を大切にする日」とある。まさに、夫婦のパートナーシップの大切さを振り […]

コメントなし

いまこそ男性の育児休業の取得に本腰を入れるときだ

筆者の長男が0歳のとき(現在中1)。子どもの成長はあっという間だ。 日本人男性の育児休業取得率はいまだたったの2.65% この数字を見て、「高い」と思う人は誰もいないかと思う。共通認識として「高い」と思う人がいないのに、 […]

コメントなし

「男性の育児参加」などあり得ない社会に

子育てに積極的な男性ほど「男性の育児参加」に対して違和感を感じている。(写真:アフロ) あり得ない「女性の育児参加」 この言葉を聞いたとき、皆さんはどう考えるだろうか? 「いやいや、何言ってんだよ。女性が育児するのは当た […]

コメントなし

男性の育児休業取得率が′過去最高’の2.65%~まったく喜べない’過去最高’への危機感を~

父親が子どもと触れ合える時間を確保しなければ、明日の日本は見えることはない。(写真:アフロ) 「男性の育児休業取得率2.65%」 これは、7月26日(火)に厚生労働省が発表した2015年度雇用均等基本調査(注)で明らかに […]

コメントなし

北海道不明男児無事保護!必要以上に親を責めないでほしいとひとりの親として思うわけ

1週間不明だった男児が見つかった。親の思いはいかに。(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ) 北海道・七飯町で行方不明だった小2男児が1週間ぶりに保護された。まずは、同い年の子どもを持つ親としても、本当に […]

コメントなし

【シリーズ】地方に移住したパパたちを追って~広島編〈4〉後編~

平田欽也さんは師匠である清家清さんの影響を強く受けた <グリーンパパプロジェクト企画>「シリーズ 地方に移住したパパたちを追って」第4弾は、広島市佐伯区で「一級建築士事務所アトリエ平田」を営んでいる同事務所代表取締役で一 […]

コメントなし

【シリーズ】地方に移住したパパたちを追って~広島編〈4〉前編~

平田さんが所有している「ゼーファーラー」号(手前)(平田さん提供) <グリーンパパプロジェクト企画>「シリーズ 地方に移住したパパたちを追って」第4弾は、広島市佐伯区で「一級建築士事務所アトリエ平田」を営んでいる同事務所 […]

コメントなし

東日本大震災から5年~いま都会のパパたちにできることとは~

(写真:ロイター/アフロ) 今日で東日本大震災から5年を迎えた。その前年に筆者はひとり親になったこともあり、まず自分の子どものことや目の前の生活を考えることで精いっぱいであった。しかし、そんな中でも何度か被災地を機会があ […]

コメントなし

「待機児童」は「働く権利・義務」を奪う憲法違反という考え方

(写真:アフロ) 「#保育園落ちたの私だ」の威力 いまこのハッシュタグがされたツイートがツイッターを席巻している。「保育園落ちた日本死ね!!!」のブログをきっかけにして、これまでたまりにたまっていた怒りが表面化したという […]

コメントなし

いまこそ冷静になって考えたい『育休』を超えた『育専』社会を

いつの日か日本でも首相が自分の子どもを肩車をする姿を見てみたい。(写真:REX FEATURES/アフロ) 今回の件をきっかけに超党派で実効性のある議論を 12月に高々と「育休」を宣言した議員が結局は「育休」を取ることな […]

コメントなし

【シリーズ】地方に移住したパパたちを追って~広島編〈3〉~

瀬戸内海にある広島県呉市大崎下島の御手洗地区 <グリーンパパプロジェクト企画>「シリーズ 地方に移住したパパたちを追って」第3弾は、広島県呉市豊町御手洗地区(大崎下島)のまちづくりに携わっている井上明さん(37)。井上さ […]

コメントなし

「育休」ではなく「育専」へ~「一億総『育専』社会」の実現を~

子育ては夫婦が担うべきもの。育児に専念する期間を保障すべき。(写真:アフロ) 衆議院議員・宮崎謙介氏の「育休」取得発言を機に国会議員の「育休」取得について「取るべきか」「取るべきではないか」の議論で盛り上がっている。たま […]

コメントなし

子どもが産まれる前に夫婦で考えておくべきこと~両親学級で伝えたこととは~

胎児に呼びかけるだけではなく妊娠前に夫婦でしっかり対話を。(写真:アフロ) 先日、都内の保健センターで両親学級の講師を務めた。最近では、市町村の保健センターや病院で母親学級だけではなく、父親を含めた形の両親学級も増えてき […]

コメントなし

果たしてメンタル不調者は減るのか~今月から「ストレスチェック」制度始まる~

(写真:アフロ) 従業員数50人以上の事業場に対してストレスチェックを義務化 働き方の見直しや女性の活躍推進が声高に叫ばれているが、長時間労働やパワハラなどが起因となるメンタルヘルス不調の労働者が後を絶たない。今年6月に […]

コメントなし

今日は「父さん育児」(10月19日)の日~帰りの電車で「父親」を考える~

(写真:アフロ) 男性の働き方が社会にもたらしているもの ただの語呂合わせに過ぎないが、今日は10月19日「父さん育児」の日だ。 「イクメン」という言葉が流行語になってから早5年以上が経過したが、言葉としての定着感はある […]

コメントなし

「女性活躍」を地方でも実現させるためには

女性が「生きがい」をもって働くためには地方がカギを握る(写真:アフロ) 女性が「生きがい」を持つための働き方とは 先般の通常国会で女性活躍推進法案が成立した。今後ますます女性の就業率を向上させようという動きが活発になるも […]

コメントなし

廃校を活かしたまちづくり~地方移住者の拠点としての可能性は~

廃校の活用がまちづくりに活かされるか(写真:アフロ) 増加する廃校 少子化の進行や大都市部への人口の流出等によって、全国で学校の廃校が進んでいる。文部科学省が2014年11月に公表した「廃校施設活用状況実態調査」結果をみ […]

コメントなし

地域の子育ては地域が決める!いまこそ子育て対話を広げるべき

7月3日に東京で開催された「子ども・子育て支援新制度」普及・啓発人材育成研修会 新制度は市町村が実施主体 今年4月から始まった子ども・子育て支援新制度も開始から半年が経とうとしている。筆者自身、内閣府子ども・子育て委員と […]

コメントなし

キャンピングカーは旅行の可能性を広げられるか ~子連れ体験レポート~

キャンピングカーの活用で旅行の仕方に変化が生まれる!?(写真:アフロ) キャンピングカーで1泊2日の旅行を敢行 約120cmの息子と比べる圧倒的な大きさだ。(撮影/吉田大樹) キャンピングカーと聞くと、庶民には少々ハード […]

コメントなし

地方移住成功の秘訣は「ビジネスキャリア積んでから」

家族で移住することで、子どもたちものびのびと成長するはず。(写真:アフロ) 働き盛り世代の移住を促進させるべき 「地方創生」と声高に叫ばれている昨今。雇用、子育て、婚活、地域活性化、はたまたインバウンドなど地方創生を巡っ […]

コメントなし

パパよ!いまこそ子育ての思いを語ろう~イクメンスピーチ甲子園2015が募集中~

積極的に子育てに関わる父親が増えるかどうかは日本の行く末を左右する。(写真:アフロ) 「イクメン」という言葉が流行語になったから早5年。言葉としては定着した感はあるものの、働き方の見直しはなかなか進んでいないというのが実 […]

コメントなし

かわいい父子には旅をさせろ!~父子旅行のススメ~

(写真:アフロ) 今日は海の日。本格的な夏休みが始まった。 なかなか日頃子どもとの時間を作ることができないパパにとって、夏休みは子どもとじっくりと向き合うことができる時間。そこでおススメしたいのが「父子旅行」だ。 パパに […]

コメントなし

男性の育休はたったの2.30%!?スタートから刷り込まれる「子育ては母親」の価値観

男女の育児休業取得率の推移 伸び悩む男性の育休取得 2014年度雇用均等基本調査(速報)が厚生労働省から公表され、男性の育児休業取得率の割合が2.30%となったことが明らかとなった。 前回調査(同2.03%)より0.27 […]

コメントなし

地方や中小企業を支える新たな採用サービスが誕生~ビズリーチの試み~

写真右から、山野智久氏、南壮一郎氏、竪村浩一氏 30~50代のプロフェッショナル人材に特化した会員制の転職サイトなどを運営する株式会社ビズリーチ(代表取締役社長:南壮一郎氏)が5月26日、完全無料のクラウド型採用サービス […]

コメントなし

“働くママ”だけの制度ではない「子ども・子育て支援新制度」がいよいよ今日からスタート!

子ども・子育て支援新制度のシンボルマーク 今日から2015年度が始まるが、本日から新たな子ども・子育て支援制度がスタートする。 消費税増税分を財源にしている制度であるため、子育て世代だけではなく、国民1人ひとりの理解が必 […]

コメントなし

【シリーズ】地方に移住したパパたちを追って~広島編〈2〉後編~

COCOLOYAの入口付近 前編はこちらから↓ 【シリーズ】地方に移住したパパたちを追って~広島編〈2〉前編~ 北広島町の風景(撮影:吉田大樹 撮影日:2014年12月) ―――――――――――――――――― 地方で住む […]

コメントなし

【シリーズ】地方に移住したパパたちを追って~広島編〈2〉前編~

「COCOLOYA ART&COFFEE」の店先 都市部にいるパパの地方への関心を高める<グリーンパパプロジェクト>のシリーズ「地方に移住したパパたちを追って」の第2弾。前回に引き続き、広島県に移住したパパのイン […]

コメントなし

【シリーズ】地方に移住したパパたちを追って~広島編〈1〉後編~

安芸高田市の田んぼ風景(提供:安芸高田市) 【シリーズ】地方に移住したパパたちを追って~広島編〈1〉前編~はこちら。 農業体験事業の展開 吉田:有政さん自身、それまで農業には関わったことはなかったんですね。 有政:ゼロで […]

コメントなし

【シリーズ】地方に移住したパパたちを追って~広島編〈1〉前編~

安芸高田市の棚田風景(提供:安芸高田市) 首都圏などの大都市部にいるパパたちがもっと地方に関心を持ち、地方の人と交流を増やしていく。そうした活動をどんどんと展開していくことで、最終的に地方に移住をする「家族」も増えるので […]

コメントなし

【新たな子ども・子育て支援制度が始まります!】周知啓発への試み

1月24日に桐生市内で開催した内閣府主催勉強会の様子。約150名が参加した。 国が4月から開始する「子ども・子育て支援新制度」。皆さんご存知だろうか? これは、消費税の増税分を確保して、保育の量・質の両面を向上させるとい […]

コメントなし

東京圏選出議員の増加は地方衰退に拍車をかけることにならないか~衆院9増9減案を受けて考える~

朝日新聞2月10日付朝刊1面より 今朝の朝日新聞に衆議院選挙の一票の格差是正の記事があった。 衆院選挙改革、「9増9減」軸に検討 議長諮問機関 http://www.asahi.com/articles/ASH295GD […]

コメントなし

【新たな子ども・子育て支援制度が始まります!】公定価格が決定しすべての骨格が決まる

公定価格が了承。制度の骨格固まる いよいよ4月から開始される「子ども・子育て支援新制度」。都市部における待機児童解消に向けた保育の量の確保だけではなく、配置基準の改善や保育者の賃金の引き上げなど質の改善を同時に実施する制 […]

コメントなし

「専業主婦」の存在意義とは~このドラマに注目~

安倍政権が発足して丸2年が経過し、議論の方向性はともかくとして「女性」の在り方が積極的に論じられている。 なかでも、特に焦点に当てられているのが「専業主婦」であろう。「専業主婦」に対してどのようにアプローチするかによって […]

コメントなし

【総選挙2014】子育て世代・これから子育てをする世代が声を上げる選挙に!

本日は、いよいよ総選挙だ。 最低の投票率になるのではないか、という報道も出ているが、とりあえず、まだ時間はあるということで、自分の立場からできる呼びかけをしてみたい。 それは、子育て世代やこれから子育てをする世代に向けて […]

コメントなし

解散総選挙をサッカーの試合に見立てて考えてみると・・・

11月21日、とうとう衆議院が解散となった。 多くの人の見方と同様、この唐突な解散には少々戸惑いがあるが、首相の専権事項である解散という決断がなされた以上、日本がどのような道を進むべきかというボールは、国民の足元に転がっ […]

コメントなし

予定どおり消費税を引き上げ、子育て支援の充実を(第2回点検会合)

消費税引き上げを判断する首相官邸で行われた「点検会合」にて 11月13日に開催された経済財政諮問会議「今後の経済財政動向等についての点検会合」(第2回)に出席させていただいた。 一子育て中の当事者として、そして内閣府の「 […]

コメントなし

どうなるベビーシッター ~個人でも届け出義務化へ~

ベビーシッターの報告書がまとまった。 厚生労働省は10月27日、 「子どもの預かりサービスの在り方に関する専門委員会」(第4回)を開催し、 報告書をとりまとめた。 会合の様子 主要メディアでも取り上げられていたが、 大き […]

コメントなし